コンサルからの転職先は2つしかない!「雇う」か「雇われる」のどちらか


コンサルに限らずプロフェッショナルファームで一定年数働いた方の95%以上は転職します。

次のキャリアの議論として「事業会社」「ベンチャー」「ファンド」と言った感じで選択肢を並べてあれやこれやと悩む方が多いです。

しかし、そのような選択肢は表面的なものでしかなく、本質的な選択肢は2つです。

「雇う」か「雇われる」のどちらかです。

この部分を正しく認識していないと転職先でも同じような不満にぶつかり、同じような転職活動を再び行うことになります。

今回は、転職における事前準備としての本質的な働き方について考えておきましょう。

コンサル出身者が潜在的に臨んでいるのは雇われる側

コンサルだろうが事業会社に転職しようが働き方は4つ

金持ち父さん貧乏父さんを読んだことはありますか?

この本の中で、ESBIという4つの働き方について解説してあります。

  • Employee 労働者
  • Self Employee 自営業者
  • Business Owner ビジネスオーナー
  • Investor 投資家
  • Employeeはサラリーマン、自分で独立した人はSelf EmployeeかBusiness Owner、株式投資や不動産収入で儲ける人はInvestorです。

    コンサルだろうが投資銀行だろうが投資ファンドだろうが官僚だろうが、どんなに給料や社会的地位が高くてもEmployeeです。

    ある程度給料があがってくると給料による幸福感は飽和してきて、裁量の大きさが幸福感に直結するようになります。

    Employeeが他の3つよりも稼ぎが多いこともあるでしょうが、裁量という点においては圧倒的で自分の人生を生きている感はSelf Employee・Business Ownerの方が強いでしょう。

    内定をもらって気付いた自分の意向

    私がかつて転職活動の末、事業会社に内定を頂いて条件交渉をする為に会社を訪問した時の事です。

    面談中に先方の面談ログの書かれている書類がチラッと見え、そこに「仕事が出来そうで、使えそうだ」とコメントがされていました。それを見た際に強烈に目が覚めました。

    「人に使われるのは嫌だ」と。

    自分が転職したいと思ったことは、人に使われて働くことが嫌になったことだったのだとはじめて気付きました。

    どんなに期待されて、結果を出したとしてもEmployeeとしてであって、Business Ownerは既に存在していたのです。

    この気づきがなかったら未だに裁量の少なさにストレスを感じるEmployeeだったかもしれません。

    コンサルに関わらず転職先は雇う側・雇われる側

    私の友人であり、ベンチャー、M&Aアドバイザー、PEファンド、コンサルを経て独立した人が実際に言っていた話です。

    avatar

    元コンサルくん

    俺はファンドもコンサルも事業会社もM&Aアドバイザーも起業も経験したけど、本質的にはプロファームだろうが事業会社だろうが顧客のことを考えて仕事をすれば一緒。違いなんてない。

    もっとも違ったのは起業。

    雇われる側から雇う側になったら、明らかにいろんな緊張感が違う。

    私もプロファームと起業と両方を経験して、この意見には同意出来ます。

    転職を考える際には、EmployeeなのかSelf Employee・Business Ownerなのかが最大の分岐になります。

    この部分を理解して、自分なりの結論を出した上で「事業会社で経営企画」とか「PEファンド」とか「ベンチャー」と言った選択肢を考えましょう。

    表面的な環境の変化で転職した気になってはいけない

    皆さんは、

    サラリーマンとして限られた裁量の中で社内政治を含めて仕事をする事を希望しているのでしょうか?

    それとも

    くだらない社内政治から開放されてオーナーとして事業に取り組んでみたいと考えているのでしょうか?

    この視点が無い中で転職するとEmployeeの世界が継続するだけで基本的には何も変わりません。

    勤務形態や会社のカルチャーといった表面的な部分が若干変わる程度です。

    事業会社だろうがコンサルだろうが投資銀行だろうがPEファンドに行こうが、自分の仕事に対する意識は大きくは変わりません(事業会社だから仕事に対して手を抜いてもいいとかないですよね?プロとして仕事しますよね?)。

    事業会社にいってもスピード感と周りの人間のスペックが異なるだけで本質的な変化はありません。

    ベンチャーに転職しても労働者


    ベンチャーだってCFOとして役員で入社しても創業初期のメンバーであったとしてもEmployessです。

    「パートナーとしてやっていこう!」と創業者にどんなにアツく言われたとしても最後の最後はEmployeeです(だまされないでください)。

    以前の会社よりも多少裁量は大きくなるかもしれませんが、突き詰めれば創業者以外はEmployeeなのです。

    転職を繰り返しちゃう人あるある


    コンサルや投資銀行や投資ファンド経験者で転職を繰り返しちゃう人は結局は「雇う側」or「雇われる側」が見えていません。

    本質的にはBusiness Ownerをやりたいのに、ベンチャーや事業会社に転職してBusiness Ownerになったつもりが全然そうじゃなかったというのは転職のあるあるネタです。

    Employeeでいる限りBusiness Ownerの意向は伺わなくてはいけませんし、社内政治は絶対におこります。

    転職エージェントも2つの選択肢をよくわかっていない


    世の中の転職エージェントもこのあたりの感覚はわかっていないでしょう。

    転職エージェントのポストコンサルキャリアのページで起業に関する選択肢がまれに掲載されていますが、その薄っぺらい内容を見るとよくわかります。

    しかし、プロファーム出身者の優秀で仕事が出来る人達の潜在的かつ本質的な悩みはこの部分が多いです。

    にも関わらず、とりあえず東大、とりあえず給料が高そうなコンサル・投資銀行で来てしまった人は、この部分が見えていない人が多い気がします。

    転職を考えはじめた際に、「コンサルキャリアをテコにして次は事業会社の経営企画かなぁ〜」となんとなく考える前に自分に対して問い詰めて、「雇う側」or「雇われる側」対する答えを出してみてください。

    コンサルからの転職先を「雇われる側」と決心したら


    EmployeeとSelf Employee・Business Ownerを理解した上で、Employeeの世界で生きていくというのであれば、エージェントなりヘッドハンターから情報をもらいましょう。複数のエージェントに登録して、お気に入りのエージェントを見つておくとスムーズに事が運びます。

    転職市場をざっと眺めて全体感を掴みたいならリクルートエージェントdoda、本気で考えるならランスタッドキャリアカーバービズリーチに登録して転職市場と向き合ってみてください。

    ただし、高級人材系はヘッドハンター依存になることもあり、今すぐといって転職とは相性がよくありません。「すぐに転職する必要はないが、良い求人があれば応募したい人で年収が500万円を超えている方」は事前に登録しておきましょう。

    そして、転職活動を続けて内定を得た際に、もう一度だけ自分に問いかけてみましょう。それでも答えが変わらなかったらGoです。

    王道転職としての事業会社の経営企画についてもこちらで述べていますので、合わせてお読みください。

    コンサル卒業後のポストコンサルキャリアの王道の1つに事業会社の経営企画に転職することがあげられます。 「コンサルみたいなエクストリ...

    コンサルからの転職先を「雇う側」で行くとしたら


    覚悟が決まったら、円満退職して、これまでお世話になった人達に挨拶回りに訪問しましょう。

    逆に一番やってはいけないことは、やめるかどうかの決心が付いていないのに「悩んでいるんですよね〜」といって付き合ってもらうことです。

    背中を押してほしいだけなら、ネットで独立した人達のブログをみればそれで十分です。

    やめることさえ決まっていれば、OB・OGの皆様は暖かく迎えてくれて、いろんな情報や仕事をくれます。

    必ず辞めることが決まってからOBの方々には報告兼ねて会いに行きましょう。

    辞める為の背中を押してもらう為の話をするよりは、辞めてから何をするかを話したほうが時間を作って会って頂いた方々も嬉しいし、楽しんでくれますし、具体的な仕事の話もしやすいです。中途半端な状態で相談は絶対に辞めましょう。

    辞める辞めないぐらいは自分で意思決定してください。

    雇う側で行くと決めたらこちらを参考にしてみてください。

    コンサルタントとしてある程度キャリアを積むと選択肢としてコンサルタントとして独立するという選択肢が得られます。 搾取の構造にうんざ...

    まとめ:コンサルからの転職は雇う側と雇われる側を選ぶことから始まる


    結局は、雇うか雇われるかの2種類しかありません。事業会社はどうとかプロファームはどうとか外資系企業はどうといった話は些細な話であって、どこにいっても顧客がいて上司がいて部下がいて社内政治があるのです。EmployeeとSelf Employee・Business Ownerのどっちが良い・悪いといいう話ではなく、ESBIの全体地図を見て考えた上で方向性を見出しましょう。間違っていても良いから現時点で自分はどちらを希望しているのかに答えをだして転職活動をすれば、将来の悩みが1つ減ることになります。

    よい職業人生をお過ごしください!

    あわせて読んで欲しい

    ポストコンサルキャリアとして事業会社・ファンド・ベンチャーといったカテゴリ分けで考えたい方はこちらも合わせて参考にしてみてください。

    経営コンサルタントも投資銀行もその業界でキャリアを全うする人は超レアです。もちろん今いる環境でパートナーになるという選択肢もありますが、...

    「激務の心得」トップページ

    スポンサーリンク

    フォローする