コンサル・投資銀行で働く新人の失敗しない服装

会社によってカラーは異なりますが、経営コンサル、投資銀行、投資ファンドは比較的格好にうるさい業界だと思います。
オシャレである必要はないので、迷惑をかけない格好を心がけましょう。

スポンサーリンク

基本は目立たない地味な格好をすること

コンサルや投資銀行は「高給取り」とか「超優秀」とかメディアで報じられることもありますが、本質的にはお客様からお金をもらって、サービスを提供しているサービス業です。主役はあくまでお客様。お客様よりも目立つような格好をしてはいけません。
主役は実業を営むお客様であって、そのサポートをする黒子の存在であるコンサル風情・投資銀行風情が目立つのは、結婚式で花嫁以上に来客の女子が目立ってしまうぐらいいけないことです。

厳しいファームだと変な格好をしている新人はお客様の前に出させてもらえません。
この辺りは意外と体育会系です。

投資ファンドに関しては、コンサル・投資銀行とビジネスが根本的に違いますが、服装はそんなに目立たないほうが良いです。おすすめの本にも書きましたが、投資ファンドは、誤解を恐れずに言えば、ナニワ金融道と同じです。異なるのは実際にそこで働く人の服のセンスと育ちぐらいです。街金との違いを明確にするためにも、地味でシンプルな誠実な格好をしましょう。

スーツ

男性も女性もダークスーツが基本です。男性であれば、チャコールグレー、黒、濃紺、目立たないシャドーストライプあたりのスーツが無難です。ちなみに黒の無地は冠婚葬祭で必要だから必ず持っておきましょう。間違っても激しいストライプとか茶系のオシャレスーツとかはやめておきましょう。(クライアントがアパレルメーカーの場合はこの限りではない)

女性に関しては細部まではアドバイス出来ませんが、とにかく地味で目立たない格好をしてください。見た目の格好よりもアウトプットの出来の良さで目立つことを考えましょう。

ブランドに関しては、何でも良いです。ブランドよりも綺麗さ、新しさを大事にしてください。ヨレヨレのブランド物のスーツであれば、スーツカンパニー等の新品のスーツの方が見栄えが良いです。とにかくパリッとしたサイズのあったスーツを着ましょう。

ワイシャツ


ワイシャツも白・ブルーの無地あたりが無難です。ボタンダウンや襟に色が入っていたり、袖の裏地に柄があったりといった遊びの効いたシャツはやめておきましょう。(普通にダサいですし)とにかく無地でシンプルなものを選んでください。

また、サイズも重要です。既製品のシャツは絶対にどこかがズレますので、ある程度お金に余裕が出てきたらオーダーしましょう。オーダーしてもアホみたいに高くはありません。

遊びの効いた既製品のサイズが微妙にズレたシャツを着るぐらいなら、無地でジャストサイズのオーダーシャツを着た方が無難で嫌味もなくかっこいいです。女性受けもその方が良いです(モテます)。

ネットでもリアル店舗でも構いませんので、自分の体型にあったシャツを作ってみてください。スーツ用のシャツだけでなくカジュアル用のシャツもオーダー出来ます。誤解を恐れずに言えば、サイズのあったシンプルで小奇麗なシャツを着ていたら洋服で大きく外すことはなくなるでしょう。



ネクタイ


ネクタイも派手すぎず、無地・レジメンタル・ドットといった違和感を持たれない柄・色を選んでください。ブランドモノでも良いのですが、柄や色がビビットすぎるのはやめましょう。

とにかく目立つな!!


靴も黒のストレートチップか黒のプレーントゥあたりにしましょう。スーツにローファーはNGです。紐なしが良かったらモンクストラップかダブルモンクを選んでください。茶系は濃紺と合わせるとオシャレだったりしますが、最初は地味に黒で統一させましょう。ブランドに関してはイギリス系であればJohn LobbだろうがEdward Greenだろうが好きなのを選んでも大丈夫です。相当な靴好きじゃないとバレません。バレたとしても靴に関しては距離感を縮める方向に作用するでしょう。

女性もあまり高すぎるヒールはやめましょう。奴隷として働く若いうちは特にヒールは低くして疲労軽減を最優先に考えてください。プロジェクトによっては労働時間は噂の電通超えです。(エンドが決まっているけど)ある程度奴隷使いとしてお客様をコントロールする立場になるまでは我慢です。

時計


ハデなゴツゴツした時計は避けましょう。シンプルで嫌味のない時計が良いでしょう。成金ブランドは嫌われます。個人的には、コンサルタントの当たらない仮説の1万倍ぐらい精度が高いSEIKOあたりの電波時計がオススメです。たとえ最高級の数十万円クラスのSEIKOだったとしても嫌味が無いし、変な目立ち方もしません。そして絶対に時間が狂わない!時間厳守のビジネスマンには、電波時計の相性が抜群だったりします。

実話に基づく失敗談

これは実話に基いています。都市伝説ではありません。

ネイル・メイク


女性はネイルとメイクも気をつけてください。とにかく地味に。ハデなネイルしていると金融系や製造業系のクライアントには連れて行ってもらうことすら出来ません。厳しいお姉様方から「そんな格好じゃ、客前に出せないから来なくていい」と冷たく言われます。ホントに言われた人がいます。

ヒールにまつわる話


女性はヒール問題があります。
ある女性が製造業のプロジェクトで工場に行った際に、ヒールを履いている事を現場の方に注意されました。
現場の方からしたら、外部のコンサルタントが来て対応するのも面倒くさいわけで、そんな時に相手が気に入らないような格好をしていてはインタビューもうまく進みません。TPOもわきまえましょうね。(ちなみにその方は猛反省して、その手のミスはそれ以後していないようです)

債権放棄を依頼する格好


ある金融機関と債権放棄といった物騒な話をしなくてはいけない事がありました。その際に同席する予定だった帰国子女の新人は、サングラスを掛けて如何にも債権放棄とは似つかわしくない露出がやや多めの格好で登場しました。これから借金を踏み倒そうと言う時にまったく似つかわしくない格好で来たので、もちろん同席はさせずに帰しました。

結論:とにかく見た目で目立つな

とにかく黒子に徹しましょう。見た目で目立ってはいけません。まずは仕事を通じてお客さんに感謝されることを目指してください。仕事の結果で目立てば十分です!

以上「コンサル・投資銀行で働く新人の失敗しない服装」でした。

合わせて読みたい関連記事

「激務の心得」 トップページ
ビジネスエリートが入社前に読んでおくべき教養本・小説・漫画 厳選10冊
入社前に読んでおくべき10年後も使える仕事の古典的本 超厳選8冊
資料が炎上したぐらいで凹んではいけない!10回以上の修正はあたりまえ

スポンサーリンク

フォローする