入社前

内定おめでとうございます。
入社に向けてやることはテンコ盛りです。
既に高給激務生活は始まっていると思ってください。
そんな素敵な鬼上司と深夜のタクシー帰宅の日々も事前準備が整っていれば恐くはありません。
入社までにぜひ取り組んでください。

スポンサーリンク
必読書

仕事だけでなくマンガや小説も面白くなる抽象化力の魔力

こんにちは、taikiです。 突然ですが、「SNSで鋭い一言で物事の本質をズバッとえぐるバズったツイート」を見たことがある方、たくさんいらっしゃるでしょう。 「何度も失敗を繰り返しながら掴み取ったナンパの成功体験を普遍的な法則に...
ネットワーク

【内定者必見】先輩にOB訪問するなら同時に質問力も鍛えよう

おかげさまで、このサイトを読んで私に会ってお話を聞きたいと言ってくださる方がいらっしゃいます。 いろんな方にお会いしてお話を聞いたり、何かしらの力にはなりたいとは思うものの、時間的な問題もあり全員にお会い出来るわけではありません。 ...
語学

英語学習が続かない人の為の絶対に継続するオンライン英会話活用方法

「英語が苦手です」と口が裂けても言えなそうな組織に入っちゃった"英語に苦手意識がある皆様"、こんにちは。 コンサルファームや投資銀行では、英語に関しては出来て当たり前と思われがちですが、実は苦手意識がある方も結構いらっしゃいますよね。...
入社前

知らないと入社して死ぬエクセルの技 投資銀行・投資ファンド編

入者前に知っておきたいエクセル術の投資銀行・投資ファンド編です。コンサルと違って投資銀行・投資ファンドの主役はキャッシュフローです。財務諸表のPL/BSありますよね?この2つから作られるCF(キャッシュフロー表)がM&Aにおける主役にな...
入社前

知らないと入社してから死ぬエクセルの2つの技 コンサル編

入社前の準備期間にやることとして英会話と簿記の他にもいくつかあります。入社後の奴隷暮らしを考えるとあったほうが良いのはPCスキル特にエクセルです。エクセルぐらい触ったことはあると思いますが、おそらくエクセルの機能の20-30%程度しか使...
語学

東南アジアのノンネイティブに学ぶビジネスで求められる英語とは

コンサル、投資銀行、投資ファンド問わず、外資系企業、日系企業においても英語研修はあります。 英語不要なんて謳っている企業を探す方が大変なくらい企業は英語を求めてきますよね。 日本で生まれ育った英語に苦手意識のある方は、求められる英語...
入社前

簿記は就職してから仕事で本当に役に立つのか【簿記の勉強嫌になった?】

コンサルでも投資銀行でも入社前の必修課題として簿記があげられます。 「英語は勉強するけど、簿記ってなんとなく受け付けない」とか「簿記はイマイチつまらん」って思っている人いますよね? 簿記って入社してから役に立つのでしょうか?? こ...
入社前

入社前にOB訪問や業界の先輩に独自にアプローチして会って話を聞く

コンサルワークでインタビューは若い頃は特に多くやります。このインタビューも実際に自分でやってみましょう。 対象は、コンサル業界の先輩方です。 どんなツテでも良いからコンサル業界の先輩に会いに行け 業界の先輩には会っておきましょ...
入社前

経営者と対峙する仕事をするなら、まずは自分でビジネスをやってみる

外資系コンサル、投資銀行、投資ファンドのような仕事をすると、日常的に企業経営者を相手にすることになります。 企業経営者に対して、経営のアドバイスをしたり、M&Aの話をしたりするということは自分にも企業経営者と同じかそれ以上のモノを求め...
入社前

入社前に英会話と簿記はやっておこう!【社会人としての標準装備】

入社前の時間がある時に、業界関係なくやっておいたほうが良いのは簿記と英語です。 これが無いと話になりません。 もちろん実務を通じて身につけることも可能ですが、早く身につけてしまったほうが何かと楽です。 ん???修論とか卒論で忙...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました