集中力を高めるおすすめヘッドホン SONY WH-1000XM3 【絶対時間は買える】

仕事や作業をする上で集中力が持続する日としない日ってありませんか?

すごく集中出来る時間帯が来たかと思えば、まったく集中出来ずに仕事が進まない日もあると思います。

集中力は机や椅子といった道具や周りの騒音具合や精神状態等いろんな影響を受けて変化します。

「騒音」に関しては、ある道具を使うとコントロールすることが出来るようになります。

そんな魔法のアイテムは今回紹介するノイズキャンセリング機能付き・ヘッドホンです。

まだお持ちでない方は、今すぐにでも導入を検討してください。

SONY WH-1000XM3を買うんじゃない!集中時間を買っているんだ

ノイズキャンセリング機能付きヘッドホンでズバリオススメなのが、SONY WH-1000XM3です。
他のメーカーを全部試したわけではないので明確なヨコ比較は出来ませんが、私はこれを愛用しています。

お値段は4万円弱と高いです。
ヘッドホンに4万円となるとオーディオマニア以外の方には狂気の沙汰かもしれません。
けど、冷静になって考えてみてください。
今、我々が購入しようとしているのは、4万円の高級ヘッドホンではありません。

最高に仕事に没頭できて最大限の効率を引き出す集中時間を購入しようとしているわけです。

作業や業務に没頭する集中時間の生み出す価値は4万円以上の価値があります。

世の中の付加価値のルーツを辿っていくと必ず人間のクリエイティブな創作活動に行き着くことでしょう。
創造力に富んだ価値を生み出す時間は仕事をする上で大変貴重です。

Hunter×Hunterの言葉を借りるのであれば、絶対時間(エンペラータイム)です。

そのエンペラータイムが4万円の投資で手に入るのであれば、こんなに費用対効果の高い投資はありません。クラピカのように命を削る必要だってないのです。

無機質な音楽が聞ける工業製品を買うかどうかを検討してはいけませんよ。検討対象を間違えないようにしてください。

ノイズキャンセル機能が効くシーン

具体的にノイズキャンセリング機能が効くシーンを見ていきましょう。

電車や飛行機の長時間移動


電車や飛行機での長時間移動はもはやノイズキャンセリング機能付きヘッドホンがないと私は行きたくありません。
それぐらい必要不可欠なアイテムです。

しかも音のストレスが減った状態で何かに没頭していると時間があっという間に経過していきます。

出張の帰りにミーティングの議事録を書いたり、出張での出来高をまとめて次にどうつなげるかといった考えを整理したりすると仕事が進み、家に仕事を持ち帰らなくて済むようになります。出張明け後もゆとりが持てるようになります。

カフェでの作業


スタバやタリーズといったカフェで作業することもあります。空港のラウンジで作業することもあるでしょう。

そんな所では周りの話し声や雑音が気になることがありますよね?ノイズキャンセリング機能の出番です。
もちろん周りの会話がゼロになるわけではありませんが、周りの余計なノイズをカットしてくれます。
集中時間を作りましょう。

家での作業


家で仕事をしたりブログを書いたりするときも使えます。静寂という点ではもっとも効果的です。

何かをインプットしたり、本を読んだりして、その世界に入り込む時は家の中でも使うことが出来ます。

科学的にはインプットのシーンが一番いいらしい

折角なので集中力と無音の関係にも触れておきましょう。

何かの情報をインプットする際には無音環境がもっとも効果的のようです。

理由としては、ノイズが入るとノイズ情報もインプットされてしまうため、インプットキャパが落ちるんだとか。逆にアイデアを出す時は、ある程度集中力を砕く、即ちノイズがある方が良いアイデアが出るそうです。

メンタリストDAIGO氏がどこかで語っていました。科学的に実証されているらしい根拠のある話らしいです。きっとそうなんでしょう。

created by Rinker
¥1,512 (2018/12/15 19:57:07時点 Amazon調べ-詳細)

俺のヘッドホン/イヤーフォンレビュー

私は、ノイズキャンセリング機能型はインナーイヤー型とヘッドホン型の各1台、計2台を所有しています。
また、AppleのAirPodsも使用しています。3台保有してそれぞれ使い分けています。

AirPods


普段はAirPodsで十分です。iPhoneやMacbookとの相性は抜群すぎてこれを手放すわけにはいきません。
集中時間以外であればこの1台で文句なしです。

SONY WH-1000XM3


こちらが今回特におすすめしているSONYのノイズキャンセリング機能付きヘッドホンです。

私は作業中専用のヘッドホンになっているので、ヘッドホンを装着するとMacbookと自動的にペアリングしてくれて、ノイズキャンセリング機能がオンになるのでとても重宝しています。しかも充電用のコネクタがUSB-Cの為、USB-CがPCに搭載されている私にはちょうどいいです。

唯一の問題はその大きさでしょうか。
インナーイヤータイプのイヤフォンの10倍以上あるその大きさは確かに邪魔です。また人によっては髪型が崩れるので嫌だと言う方もいらっしゃるでしょう。

残念ながらその通りです。

しかし、集中時間を手に入れる効果に比べたらそのデメリットなんてゴミみたいなモノです。
荷物が増えても、髪型が乱れても集中時間を獲得して、超スピードで作業を終わらせ髪型を直せばいいのです!!

人生の豊かさへの貢献の前では全てが小さいことのように思えてしまいます。

SONY WF-SP700N

そして、ノイズキャンセリング機能付きイヤフォンのSONY WF-SP700N。

AirPodsに比べてちょっと大きいし、充電用のケースにしまうのが地味にめんどくさいのであまり使わなくなってしまいました。
また、iPhoneで動画みてると音声が遅れます。

ノイズキャンセリング機能は悪くないのですが、使い勝手の問題でヘッドホン持ってないし、周りがうるさいのでどうしようもないなぁという時に使っています。

まとめ:仕事効率を上げるための投資はケチってはいけない

ノイズキャンセリング機能付きヘッドホンは、価格としては高いです。

私も現役で活躍しているSONYの2台以外にも試しており、トータルで軽く10万円以上は使っているでしょう。しかし、それでも投資する価値はありますし、それ以上の価値を回収できています。

今回は、ノイズキャンセリング機能付きヘッドホンでしたが、他にも紹介しているアイテムはすべて投資と思っています。

ノートPCや周辺機器は、仕事道具です。良い料理人は良い包丁を持ちますし、良い音楽家は良い楽器を持っています。
我々も良い仕事をするために、仕事道具をケチってはいけません。数万円の投資なんて皆さんのタイムチャージを考えたら安いものです。

ぜひ、目先のお金にとらわれずに積極的に良い道具を試してみてください。

以上「集中力を高めるおすすめヘッドホン SONY WH-1000XM3 【絶対時間は買える】」でした。