30歳過ぎて事業会社からコンサルに転職はやめとけのウソ・ホント

コンサルはハードワークなので、30歳すぎてからの転職は厳しいといった話を聞いたことがありませんか?

確かにハードワークなので若い頃に経験したほうがいいのは言うまでもありません。しかし、20代の若い時にコンサルの世界に入ってもついていけずに脱落する人もいますし、体力だけあれば乗り切れるような業界ではありません。

実際に転職して志半ばで去っていた人たちの具体的な事例を見ていきながら、30歳過ぎてからの転職の有無について考えてみたいと思います。

事業会社からコンサルに転職して志半ばで去っていった者たち

事業会社・海外経験豊富な30代

30代半ばでマネージャーポジションで事業会社から転職してきた方がいらっしゃいました。新卒でとあるメーカーに入社し10年ぐらい勤務し、主に海外でご活躍されたようです。

“海外勤務が長い”とか“事業会社で実業をやって来た”と言えば、金融機関のドメドメな環境で育った若造(≒当時の俺)から見たら、思考停止状態で「凄そう!」としか思えませんでした。事業会社×海外勤務なんて憧れちゃいますよね。

しかし、その方と同じプロジェクトに入って議論をしてみるとその方が何を言っているのかわからないのです。
議論を進めていても論点をクリアになるどころか、話が飛んでしまったり、脱線してしまったりで何が言いたいのかよくわからない発言が多く、迷走をしていました。
海外の経験が長かったので英語はとても上手なのでしょうが、言語以前に思考と言語化がなんとも下手でした。

日本語で深く物事を考えることが出来ない状態ではいくら英語が出来てもコンサルティング業務は出来ません。

英語オンリーの環境でプロジェクトをやったとしても同じ問題が起きていたでしょう。
会議での議論に参加して意味のある発言をすることは、コンサルに中途で入った方の誰もがぶち当たる壁ですが、あまりにも思考が出来なすぎました。面接でしっかりと見ているはずなのですが、こういうことは多々発生します。

その方はいろんな所で炎上しているのを目にするようになり、なんとなくアサインされなくなって空気を読んで退職されました。退職後は再び語学力を活かして事業会社に転職されたそうです。

金融機関出身・20代

20代後半で金融機関から転職されてきた方がいらっしゃいました。この方も前述の方と同じで思考が浅い方でした。

言われたことを上辺だけを取り繕ってやることが仕事と捉えていたのでしょうか。この方のエクセルを見ると汎用性がなくとても雑な作りなのです。物事を深く考えて、本質の部分を仕組みとしてエクセルに落とし込んでいることが感じられませんでした。パワポのスライドを見てもそうです。

思考の浅さというものは、議論を通じてだけでなくアウトプットであるエクセルやパワポからも十分に伝わってきます。

ブログやnoteを読んでいても浅い稚拙な文章とじっくり考えられている構成のしっかりした文章の違いはわかりますよね?もちろん入社当日から深く考えることが出来なくてはいけないとは言いません。ある程度訓練して出来るようになりますが、一定期間にある程度のレベルに達しないと容赦なく切られます。

ある程度の成長は認められましたが、プロジェクトに求められる水準からは遠く、自然とフェードアウトしていきました。

金融機関会社・30代

この方も前職ではエースだったのでしょう。留学経験もあったのでしょうか、前職でのポジションも考慮した上での転職でした。

しかし、入社後はいろんな人と衝突してうまく機能しないという噂がすぐに流れてきました。
前職での仕事からコンサルワークへの切り替えが上手く出来ずに苦労しているようでした。本人が苦労しているだけならいいのですが、上の役職の人達が扱いづらいので使いたがらなくなってしまいました。役職が上の人達は、事業会社から中途ミドル組に対しては新卒と同じような接し方はどうしてもしづらくなってしまいます。(年齢が)ミドル層の方でも謙虚に一兵卒として出直せる人は結果的に早く一人前になることが出来ますが、過去の経験なり成功体験が悪い方に作用してしまいました。

前職で大活躍して鳴り物入りで転職して来たとしても、コンサルワークが同じように出来るとは限りません。むしろ新卒3年目ぐらいの出来る若手の方が仕事は出来ます。3〜6ヶ月ぐらいはやり方を探って、自分が大丈夫な人間であることを周辺の人に証明してから荒ぶっても遅くはなかったことでしょう。

ちなみに、日本電産の永守さんは中途採用でコンサルや投資銀行といったところから転職してくる鼻持ちならない優秀なビジネスパーソンに対して、ハッキリと「あなたが前の会社でどれだけ活躍したかは、この会社に来たら関係ない」と言って、一喝するそうです。

結局、その方は馴染まずに退職して、別の金融機関に転職することになりました。

事例から導き出される示唆

ここでは紹介しきれない例もたくさんありますが、私なりに志半ばで短期間で辞められた方は下記のことが共通して言えます。

  • 自分の思いや考えを整理して言語化出来ない
  • 議論の全体感と論点を抑えて仮説を作るのが苦手
  • 物事を本質的な部分から深く考えるのが苦手
  • 前職での経験を捨てて、一度リセットすることが苦手

しっかりと頭を使って自分なりに全体感と論点をいち早く抑えて、自分の考えを整理して、チームで議論することが出来るかどうかでしょうか。要は思考が出来ない人はダメってことです。

30歳で事業会社からコンサル転職は体力的に辛いのか

30歳を超えてからの激務なコンサルに転職すると体力的に辛いとか、30歳過ぎたら徹夜が出来なくなったとか、疲れが抜けにくくなったと言う人が多くいらっしゃいますが、本当でしょうか。

私は20代の頃から徹夜は嫌でしたし、30を超えたらキツくなるものだとも思っていません。

逆に30過ぎて転職してきた人達で、志半ばで退場された方々は、明らかに体力とは違う所に課題がありました。現に、40代のパートナーだって同じような(もしくはそれ以下の)体力で仕事をしているし、緊急事態には徹夜だってしています。

体力を言い訳にするのはそれこそ思考停止で、コンサルみたいな知的労働を行う上で、一番言ってはダメな言い訳です。
コンサルタントだったなら、どうやったら体力を消耗せずに仕事を終わらすことが出来るかを考えるべきです。

先にも述べましたが、年齢で不利になることがあるとすれば社会人経験による変なプライドです。大企業のある程度仕組み化されている組織の中で働いてきたことなんて、本質的にコンサルワークをやる上で価値はありません。その事実を受け入れましょう。

まとめ:結果は意外とすぐに出るからチャレンジしてみろ


転職には縁やタイミングがあり、自分の年齢によっても選択肢が変化しますが、確実に言えることは、あなたの人生で今この瞬間が一番若いです。
コンサルへの転職で年齢を気にしているようであれば、一番若い今こそが最良のタイミングでしょう。

私の意見は、「コンサルへの転職に年齢は関係ない」です。

もちろん、人それぞれで何が正解かはわかりません。少なくともコンサルに向いている人であれば、「どうやったら体力的にピークを過ぎている人がコンサル業界で新しいことを吸収しながら乗り越えていくことが出来るか」という命題に対して、仮説をたてて試行錯誤しながら検証していくはずです。

このような頭の使い方が出来るのであれば、年齢関係なくコンサル業界に適応出来ることでしょう。逆に、いろんな情報に振り回されているようでは、コンサル業界どころか、どの業界にいってもあまり明るい未来は見えてきません。

恐れるぐらいならチャレンジしてみましょう。

仮に馴染めず、志半ばでドロップしたとしても3ヶ月〜6ヶ月もいれば結論は出ます。世の中にコンサルが合わなくて短期間でやめちゃったけど、元気に楽しく暮らしている人はたくさんいます。皆さん、いろんな分野でご活躍です。少しでも興味を持ってしまったなら、コンサル童貞で終わるよりもその後の人生を考えるとチャレンジした方が得るものも多いはずです。

年齢なんてただの数字ですので、言い訳をせずにチャレンジしてみてください。

以上「30歳過ぎて事業会社からコンサルに転職はやめとけのウソ・ホント」でした。

コンサルにチャレンジしようと思ったら

ここまで読んでコンサルにチャレンジしてみようと思ったら、コンサルに中途入社した利用者・コンサルから転職した利用者が多い転職エージェントを使ってみましょう。具体的には、ビズリーチCAREERCARVERです。豊富な転職エージェントの豊富な経験値があなたをサポートしてくれると思います。

あわせて読んで欲しい

志半ばで退場しないためにも、ぜひコンサル会社のタブーである「プロフェッショナルファームで守れない奴はクビになる3つのこと」を理解しておいてください。

入社おめでとうございます。 晴れて高給激務業界の仲間入りですね。 この世界は確かに忙しく厳しいです。 今や有名人になった大前研...

「激務の心得」トップページ