資料が炎上したぐらいで凹んではいけない!10回以上の修正はあたりまえ。

Nervous
優秀で高学歴な若い人のあるあるネタとして打たれ弱いという点があります。
何か仕事を依頼して出てきたアウトプットに対して修正を入れるのですが、1回で合格になることは絶対にありません。
むしろフルボッコになり、資料は真っ赤に炎上します。
打たれ弱い優秀で高学歴な若い人の中には意気消沈し、凹んでしまう人が少なくありません。
人によっては、鬱病になります。
学生時代には、叩かれる事がなかったのと自分は優秀(と勝手に思っている)という自尊心があるのでしょう。
そんな若者はこれを読んで、胸を張って炎上を恐れずにプロフェッショナルライフを過ごしてもらえればと思います。

スポンサーリンク

1つのミーティング用資料のVersion情報を調べたら平均11だった

平均11回
この数字が何かわかりますか?
と言っても既にタイトルでネタバレしてますが、私が実際にプロマネを行ったあるプロジェクトの毎週定例ミーティング用資料が最終化するまでの改定数になります。
毎回チーム内でミーティング用資料を色々と議論して作成するのですが、その際にファイル名にVersion情報をつけて管理しています。
そのVersionの数値を平均すると11でした。
実際の集計結果は、こんな感じです。

1st 16
2nd 14
3rd 12
4th 9
5th 2
6th 11
7th 7
8th 13
9th 14
10th 8
11th 15
12th 10
13th 11

平均 11

新人の若手にも担当を決めて仕事を振りますが、当然1回で合格する様な資料は出来ません。
赤ペンを入れて修正するのですが、紙が真っ赤に炎上します。(ちなみに若い人だけでなく、ベテラン・中堅も同様です。)
この光景をみた若い人の中には、物凄く落ち込んでしまう人がいます。
当然、こんなに直されるとも思っていなかったので、自分を否定された気分になのでしょう。
そんな人には、「経験的に、1つの資料で16-18回ぐらいの修正が必要だから凹んでいる暇はないし、まったく気にすることはない」と伝えています。
尚、平均は11回になっていますが、私が慣れているクライアントでもあったため若干数値が少なめに出ている気がします。感覚的には16-18回ぐらいですね。

ちなみに、ある教授の講演を公聴した際に、その教授が研究室の生徒の論文の書き直し回数について似たような議論をしていました。
それによると修正回数はおおよそ10回ぐらいとのことで、本質的な中身の議論は7回目ぐらいで安定して、後は見栄えの話になってくるそうです。
逆に7回目ぐらいの壁を超えられないと、論文の提出が見送りになることが多いそうです。
納得。

最初の修正はツライが、1回あたりの修正による改善幅は大きいから11回ぐらい頑張れ

improve
改善回数とそれに伴って、資料のクオリティーがどんなふうに変化していくか、イメージ図をかいてみました。
改善回数はある程度行くと品質改善幅がサチってきます。*saturation
逆に言えば、最初の方は直せば直すほどもの凄く良くなるのです!
11回ぐらいを目処に頑張りましょう。
3回ぐらいで挫折したら勿体無いです。11回オーバーで見える風景と3回で見える風景は別物です。
面白いブログや文章だって、絶対に10回以上修正しています。
数回で完成すると思うな!

資料が炎上するのは当然のこと!いちいち凹むな!

優秀な高学歴な(と言われてきた)人は、意外とダメ出しされると脆かったりします。
そう言う人が凹んで使い物にならなくなっても面倒くさいので、データに基づいて話すと「そんな深刻なことじゃないんだ」と思ってくれます。
さすが優秀なので定量的なデータがあるとスムーズです。
新卒の優秀な部下がいる方は、部下がクソの役にも立たないような資料を作ってきたら、資料を炎上させてダメ出しを終えた後に、こんな風に声をかけてみてください。それだけでもやる気を取り戻してくれます。

逆に、若い人は、経験豊富なシニアな人達が頑張って議論して作りこんでいっても10回以上の修正が必要になるので、「炎上は良い物を作るための儀式みたいなもの」と思って凹まずに頑張りましょう。

炎上は悪いことでは無いんです!!むしろ必要なこと!

あわせて読んで欲しい記事

出来る人は必ずやっている!文字入力の辞書登録機能を使い倒そう
1時間速く仕事を終わらせるためのテクニック 個人ワーク編
あるあるネタからホワイトボードにまつわるストレスを回避しよう
代替案を必ず提示して議論しよう!文句と不満だけを言う評論家になってはいけない!

「激務の心得」トップページ

スポンサーリンク

フォローする