経営者と対峙する仕事をするなら、まずは自分でビジネスをやってみる

Business
外資系コンサル、投資銀行、投資ファンドのような仕事をすると、日常的に企業経営者を相手にすることになります。
企業経営者に対して、経営のアドバイスをしたり、M&Aの話をしたりするということは自分にも企業経営者と同じかそれ以上のモノを求められるということを忘れてはいけません。
そんな企業経営者と同じ目線で語るためにも自分でビジネスをやってみることをオススメします。

スポンサーリンク

ビジネスはなんでも良い

自分でビジネスを始めるのは意外と簡単です。
何かを仕入れてメルカリやヤフオクで売るとか、人を集めてお金をもらって何かするとかなんでも良いのです。
集客、企画、仕入、お金管理等のビジネスの一連の流れを自分で体験してみてください。
どんな些細なビジネスでも構いません。
自分がオーナーとなって物事を動かす経験をしてみましょう。

一方で、よくいろんなサイトで「ベンチャーでインターンしてみる!」的な事が書いてありますが、それよりも自分でやってみることをオススメします。
インターンだとベンチャーだろうが、大企業だろうが、結局経営者ではなく労働者なのです。
学んでほしいのは、経営者としての目線と経験です。
ベンチャーでインターンやってもアルバイトと一緒ですよ。

アイデアが無いならブログで良い

とは言え、「急にアイデアなんて出せない!」とおっしゃる方も多いでしょう。
そこで、ブログでも書いてみたらどうでしょうか。
1PV=0.1円と想定して、PV(≒売上)がどれ位稼げるかやってみれば良いのです。
ヴァーチャルとは言え、「顧客ニーズ分析」「集客」「コンテンツ企画・作成」「商品化」「アフターフォロー」みたいな商売の基本が入ってます。
実際に、広告やアフィリエイトでマネタイズも可能ですし、サーバー選んだりするのも業者選定ですし、PVの数値見ながら対策練る過程はまさに経営そのものです。

とにかく経営者のポジションで何かやってみろ

とにかくビジネスのオーナーという立場に拘って挑戦してみてください。
自分で考えて意思決定する事の大変さを味わってみましょう。
なんちゃってインターンよりも得るものは大きいです。
インターンしろなんて言っている人やメディアは自分が経営者の立場で仕事をしたことが無い人です。
やったこと無いんだから想像出来るはずがない。
その結果、自分のビジネスが上手く行って、内定蹴って本格的に起業したって良いじゃないですか。
むしろその方がカッコイイかも。

スポンサーリンク

フォローする