事業会社からコンサルに転職、中途入社する人が絶対に知っておきたい辛いポイント

中途入社で事業会社からプロフェッショナルファームのコンサルティングファームに内定をもらったはいいものの、入社後についていけるか不安だ。。。。
こんなことを考える方は多いと思います。

コンサルティング会社は、超頭脳集団で、激務で、仕事が出来ないと容赦なくクビになる等の都市伝説は多いです。そしてその都市伝説は半分ぐらいはあたっています。

私も中途入社の人は何人も見てきましたし、私自身も中途入社組です。
中途入社でコンサル会社が合わないで道半ばにして退社される方の特徴の1つとして、これまでの経験への拘りやプライドがあるように見えました。

そんな視点から中途入社の方に持っていて欲しいマインドセットを解説したいと思います。

事業会社からコンサル転職後に感じる2つの辛いポイント

中途入社で事業会社からコンサルティングファームに転職してくるといろんなカルチャーの違いに驚かされます。
特に仕事のスピード感や議論での論調や仕事に対する意識の違いに驚かされるでしょう。また、入社してある程度慣れてくるとアサインされずに干されている人を目の当たりにする機会もあるでしょう。

特に年下の生意気でスゲェできる奴に卑屈にならず、アウトプットへのプレッシャーさえコントロール出来ればなんとかなるはずです。

若い奴が仕事が出来て生意気で圧倒されて辛い


「新卒でコンサルファームに入社して、2年経過した24歳」「事業会社で社会人経験を8年積んでコンサルに入社した30歳」ではどちらのほうがコンサル会社で仕事をこなせるでしょうか。

また、「新卒でコンサルファームに入社して、2年経過した24歳」「事業会社で社会人経験を4年積んで2年のMBA留学をしてコンサルに入社した28歳」ではどちらがコンサル会社で仕事をこなせるでしょうか。

答えは、両方共に前者の新卒入社で2年間働いた人です。

コンサルの仕事をするのに2年のコンサル経験のある人と未経験の人では2年の経験が勝つに決まっています。そもそも事業会社だって、「大学院卒で入社した24歳」「新卒で入社して2年経過した24歳」ではどちらが仕事ができるか言うまでもなく、2年の経験がある24歳です。

ここまで来れば言いたいことはわかりますよね。年次や年齢のこだわりはすべて捨てて、「入社」≒「新しい生命」の誕生ぐらいに考えましょう。

そう考えるとクソ生意気なプロパー入社の若造よりもあなたの方が(仕事的に)若造なことも納得いきませんか?

あなたが事業会社で大活躍した30歳だとしてもコンサル会社では無名の新人であり、ヨチヨチ歩きの赤ちゃんです。この現実を受け止めることが出来て、素直になれた人に道は開かれるでしょう。

修羅の国に来たと思って、一兵卒から出直しと思って覚悟をしてください。

求められる成果へのプレッシャーが辛い

事業会社の頃と違って、仕事に対する責任は大きくなります。
お客さんであるクライアントに対しては言うまでもありませんが、最初はチーム内での与えられた役割をやり切れるかどうかが不安でしょう。そして、その役割に対して期待される成果が伴わなかった時に待ち受けているであろう結果を想像すると恐ろしくて更に不安になることでしょう。

更に、自分が必死になって考えたモノを議論でコテンパンにされて、「こんだけ時間かけてコレ?」的な冷たい反応をされると悔しいのと自分の不甲斐なさでなんとも言えない気持ちになることでしょう。

コレばっかりはショートカットできる秘策はありません。議論の場でコテンパンにされながら、考えて考えて、またコテンパンにされてを繰り返すしか無いのです。

これを数年間続けてはじめて自分なりの考え方や論理の展開の仕方が身についてきます。

巷にあふれる本にはロジックツリーとかMECEとかいろいろ書いてありますが、本を読んで知っている状態から自分のツールとして使える状態になるには、ドラゴンボールで例えるなら界王様の修行を終えたベジータ編とスーパーサイヤ人になったナメック星編ぐらいの違いはあると思ってください。

そして、プレッシャーを和らげて、修業を効率よく進めるのに必要なモノは、わからないことや知らないことはウヤムヤにせずに直ぐに聞くことや出来ない時は早めにSOSを出すと言った素直な気持ちです。それが出来れば所詮訓練ですので、誰でもできるようになります。

事業会社経験がコンサル転職後に役に立つのはずっと先

逆に、事業会社での経験がコンサルではまったく活かされないかというとそうでもありません。
マネージャーのポジションになって、クライアントと直接コミュニケーションとるようになると少しずつ人間力の出番がやってきます。そして、更に出世してパートナーになって営業をする立場になるともはや人間力しか使いません。
アソシエイトとして働くうちは頭の良さと仕事の速さが全てでしたが、上に行けば行くほど求められるスキルは異なってきます。

賢いだけの生意気なアソシエイトはここで躓くことになります。

とは言っても、中途入社しようと考えていてこれを読んでいる方は、まだ考えなくていいと思います(笑)
数年間は事業会社での経験が役に立つと思わないようにしましょう。

貯金ゼロと考えましょう。

まとめ:事業会社からコンサルへ転職は恐れずにチャレンジしてほしい

事業会社からコンサルへの転職を考えていらっしゃる方は、迷ったり不安だったりする半面、コンサルの仕事が刺激的で楽しそうに見えたりすると思います。
あとで後悔しないためにも、都市伝説を恐れず、ちっぽけなプライドを捨てて素直な気持ちで、ぜひチャレンジしてみてください。

退屈なのんびりした事業会社に比べたら刺激と得るものは多くあります。(もちろん消耗もしますが、、、)
行かないで後悔するなら、行って後悔した方が後の人生にはプラスに作用します。
また、慢性的に人不足の業界ですのでいつでもチャレンジ出来ますので、思ったら即チャレンジしてみてください。

以上「事業会社からコンサルに転職、中途入社する人が絶対に知っておきたい辛いポイント」でした。

事業会社からコンサルに転職する際のおすすめエージェント

どの転職エージェントもコンサルティングファームへのコネクションは持っていますが、必ずしも内定者を送り込めているわけではありません。
ここでオススメする転職エージェントであれば過去実績からどんな人がコンサルティング会社に転職して成功したかを把握していると思われます。複数の客観的な評価を聞いた上で、最後は自分自身で判断しましょう。

CAREERCARVERJACリクルートメントビズリーチです。

ビズリーチは有料になりますが、高級人材に特化していることもあり、コンサル卒業の際にもお世話になる可能性があります。余裕があるのであれば遠い未来も見据えて今のうちに登録してみることをおすすめします。

合わせて読みたい

30歳を過ぎてコンサルに転職すると体力的に辛いから辞めろという意見がありますが、それって本当なんでしょうか。実際に中途入社したけど、合わずに退職してしまった方の事例をもとに私なりの考えをまとめさせて頂きました。中途入社でコンサルを考える方は合わせて参考にしてみてください。

コンサルはハードワークなので、30歳すぎてからの転職は厳しいといった話を聞いたことがありませんか? 確かにハードワークなので...