入社前に読んでおくべき10年後も使える仕事の古典的おすすめ本 超厳選8冊

klimkin / Pixabay
入社前に読んでおいたほうが良い本をまとめておきます。
外資コンサル、投資銀行、投資ファンドの先輩方は必ず読んでいる本を厳選してピックアップしています。
どれも名著かつ基本なので、必ず入社までには読んで下さい。

スポンサーリンク

コンサル系の本

とりあえずこれだけ読んでいれば大丈夫。

ファイナンス系の本

難しいと思われがちなファイナンスを物凄くわかりやすく解説している本です。
小難しい本に入る前にここから読み進めましょう。

投資・金融のわかりやすい本

株式投資・FX・ベンチャー投資・不動産投資などなど投資に関する話がわかりやすく説明されていて大変オススメな漫画です。実在するスタービジネスマン(本人取材済)や歴史上の人物をチョイチョイ絡ませながら話を進めるので、読み物としても面白いです。金融機関の方だけでなく、すべての社会人が読んだほうが良い本です。

マインドセット関連の本

ファーストリテーリングでも必読本となっているらしいです。柳井さんらしい。
マインドセットはドラッガー1冊読めば十分です。
いろいろ読むならこの本を読み直しましょう。

番外編:多少難易度の高い本

投資銀行・投資ファンドの方で余力がある人はどうぞ。
入社前に読んでもきっとよくわからないけど、実務が始まってから読むと凄くよく分かる本です。

スポンサーリンク

フォローする