外資系コンサル・投資銀行でクビになる(解雇される)プロセスとその対策

Dismissal
世間的に「外資系企業は仕事が出来ないとクビになる」とか「投資銀行は社員をいつでも解雇できる派遣社員的なものと考えている」とか「外資系コンサルはアップ or アウトの世界で、出世できない奴はクビになる」とか言われています。
外資系コンサルや投資銀行、投資ファンドは、ファームによって温度差はあれど解雇される事はあります。
そんなクビになるプロセスとその対策について考えていきましょう。

スポンサーリンク

プロの世界なんだから戦力外通告がおきるのは当たり前!

プロのスポーツ選手に戦力外通告があります。多少揉めることはあっても、プロはその結果を受け入れて辞めていきます。チームにしがみつく人はいません。
プロのスポーツ選手が戦力外通告されるとファンの方なんかは、「前からそんな気がしてたんだよ、仕方ないよな〜」という納得感ありませんか?

外資コンサル・投資銀行・投資ファンドの世界もプロフェッショナルファームと言われるだけあって、同じような仕組みです。

外資コンサル・投資銀行・投資ファンドの世界も戦力外通告には、前兆があり、周辺はなんとなく理解しています
前兆を順を追って見てみましょう。

STEP1:プロジェクト終了後のフィードバックが厳しかった


外資コンサル・投資銀行・投資ファンドの仕事はプロジェクト単位が多く、1ヶ月〜3ヶ月の期間が区切られています。(もちろん長期プロジェクトもあります)
このプロジェクト終了後に上司からフィードバックをもらうのですが、ここで評価が低いとヤヴァイです。

ただしある1人の上司に低い評価をされただけでは、終了になりません。

プロマネやチームメンバー、クライアントとの相性もありますし、他のチームではパフォームするかもしれません。

STEP2:プロジェクトにアサインされなくなり、「アイツ微妙〜」的な噂が流れ始める


STEP1のような芳しくない評価が2-3回続くとプロジェクトにアサインされない期間が増えてきたり、なんとなく社内イベントや研修等の内向きな仕事が増えます。
最初は暇な状況も楽しめますが、忙しそうに働いている同僚を見ていると徐々に羨ましくなり、辛くなってきます。
社内的にも「アイツは微妙だからアサインされていないみたいだ」といった悪い噂が回りはじめます。
プロファームの世界は、ものすごく分かりやすいほどのレッテル文化であり、「使えない」と思われたら終了と思ったほうがいいです。

STEP3:死期を感じ始める


プロファームで働く皆さんは、もともと(学歴的・偏差値的に)優秀なので、自分が使えないと認識されていることは意外と早い段階で察知します。
働く皆さんもプライドの高い方が多いため、戦力外通告を受ける前に自発的に”次のキャリア”を考え始めます
鈍感力に優れた1割の方は、居座り続けます。

STEP4:死の宣告


鈍感力に優れた1割の方は、ある日パートナー(役員)に呼び出されて、死の宣告がくだされます。
ファームによって2on1だったり、1on1だったりと違いはあれど、真面目にお話されます。
話の内容を要約すると「まぁ、ここだけが人生じゃないし、ハッピーになれる世界が他にあるから頑張ろうよ」といった内容でしょうか。
お互いに大人ですので、感情的になって罵り合いになるようなことはありませんし、そういった前提を理解して入社してきているので”戦力外通告”で揉めることはありません。

その後


その後、事業会社の経営企画部門に転職して活躍したり、ベンチャーに行ったり、自分で起業したり様々です。
ちょっと格の落ちる同業に行ったりする例も見ますが、同じような評価を受けてしまうことが多いように思います。(もちろん、そうじゃない人もいます)
コンサルなり投資銀行で戦力外通告を受けることは、その人が無能だとか仕事が出来ないということではありません。
むしろパートナーになれるのはほんの一握りの人達なので、気にしないで良いでしょう。

実はみんな死の宣告を受ける前から対策をしている


どんなに優秀でも全員が昇進出来るわけではないので、出来る人ほど常に他の選択肢を把握しながら働いています。

ポジションや役職は関係ありません。奴隷として働くアソシエイトも奴隷使いのマネージャーといった若手はもちろん、ディレクター・パートナーの立場でも常に社外のエージェントやヘッドハンターと接触して、自分の次の場所に対するアンテナは張っています。また、戦力外通告やクビになった人達の面倒を見て再生させるのも転職エージェントやヘッドハンターだったりします。プロの力を借りておいて損はありません。

ここで一つ注意してほしいのは、死の宣告を受けてから登録しては遅いということです。
自分のパフォーマンスが怪しいと感じたら転職エージェントなり、転職サイトに登録しましょう。転職情報が具体的に流れてくるだけでも安心感が増します。また、忙しさがピークに達すると登録する気力すらなくなってしまいます。

逆に、常に「自分には他の選択肢がある」ことを知っている方が、心に余裕が出来て仕事のパフォーマンスがよくなるという側面もあります。登録するのをめんどくさがらずに今すぐ登録してください。長期的に見たら損することは一つもありません。

とりあえずこのあたりの2-3件に登録して世の中に出回っている求人情報に触れてみてください。定期的に履歴書を更新するだけでも登録した意味があるものです。

BizReach

プロフェッショナルに特化した再生屋の転職エージェントです。あなたのリアルを教えてくれるでしょう。
BIZREACH

リクルートエージェント

誰しもが登録する民間ハローワークです。良いか悪いかは別にして、必ず何かしらは持ってきてくれるでしょう。


まとめ:全員がパートナー(役員)に昇進出来るわけじゃない

99%の外資コンサルなり投資銀行に勤務している人は転職します。

そもそもこの世界に入る事が出来る(学歴的・学習能力的に)優秀な1%の選ばれし者の中の1%程度(0.01%程度)しかパートナー(役員)になれないのですから、気にすることはありません。

1%の小さな世界で戦わずとも活躍できる世界はたくさんあります。例え戦力外通告を受けたとしてもあまり落ち込まずに前向きに生きていきましょう。

あわせて読んで欲しい

転職エージェントに登録して自分の値段を事前に理解して備えよう
転職する前に知っておけ!外資系コンサルが苦手な3つの事
【ポストコンサルの転職】クライアントに「うちに来ないか」と声を掛けられたら
「激務の心得」トップページ

スポンサーリンク

フォローする