【ポストコンサルの転職成功/失敗あるある】クライアントに「うちに来ないか」と声を掛けられたら


コンサルタントをある程度やっているとクライアントから「うちに来ない?」と誘われることがあります。投資ファンドや投資銀行でももちろんあるでしょう。実際にクライアント企業に転職する人もいます。そんなポストコンサルキャリアの“クライアント企業に転職すること”について見て行きましょう。

クライアントの「うちに来ないか?」はよくある

コンサルタントもある程度プロジェクト経験を積み上げ、経験値を重ねていくと

「市場調査して計画ばかり作っているのも飽きちゃうなぁ。実際に自分で作った計画なんだから実行の部分もやってみないなぁ」

と思うことがあります。コンサルタントは事業戦略を考えて数値に落とし込むことを業務として請け負う事が多く、作った事業計画を自分で実行してみたいと思うのは当然です。このタイミングでクライアントから「この計画の実行を一緒にやらないか?」と言われたら、それに惹かれることは自然な流れです。

逆に、このセリフを一度も言われたことのない人は、残念ですがこの仕事は向いていないかもしれません。こちらに登録して方針転換することをオススメします。

お互いの条件が擦りあえばディールはダンです。

脱コンサルをして、新たな人生がはじまります。

転職して成功するパターンと失敗するパターン

この黄金の転職コースを辿ってもうまくいくケースといかないケースがあります。

転職成功ケース

avatar

社長さん

社員になったんだから言うこと聞いて頑張って働いてね。ちょっと給料高めに出したし、僕の手足となって活躍してほしいなぁ。

コンサル上がりで多少条件も考慮してもらったけど、所詮社員だし、オーナー企業みたいなもんだから上手く立ち回らないと自由に動けないよなぁ。

最初から好き勝手に動けるわけはないし、とりあえず信頼を積み上げて自分が自由に動けるようになるポジションを確立しないとなぁ。

avatar

元コンサルくん

お互いがこんな想いであれば転職は成功に終わるでしょう。コンサルくんが事業計画に固執せずに、オーナー企業で上手く立ち回らなくてはいけないことをちゃんと理解していれば問題はおこりません。

転職失敗ケース

avatar

社長さん

社員になったんだから言うこと聞いて頑張って働いてね。ちょっと給料高めに出したし、僕の手足となって活躍してほしいなぁ。

事業計画立てたの俺だし、自分でやってみたかったんだよねぇ。

社長(もしくは偉い人)採用だから当然任されるし、戦略コンサル出身でスキルも高いし、周りの人も一目置くから動きやすいはず。

avatar

元コンサルくん

取引先コンサル会社の一員としての立場と一社員としての立場では当然違います。社長の接し方も変わります。コンサル気分が抜けないで転職するとだいたい失敗します。

正論と論理を振りかざして組織が動くのであればこんなに簡単な事はありません。

このあたりのマインドセットを変えられない人が転職に失敗すると「コンサル出身者は、口では偉そうな事言うんだけど実際にやらせてみるとダメなんだよなぁ」と陰口を叩かれ、コンサル業界の評判を落とします。

コンサル出身の事例ではないけど、立ち回りが下手だとトヨタでもこうなります。優秀なだけじゃダメなんです!

計画の実行までやりたかったら起業するしかない



うまくいかないケースのように作成した事業計画の実行フェーズまでやりたい人は起業しましょう。

あなたがやりたいのは事業計画の実行フェーズではなくて、オーナーシップを持って事業をやってみたいだけです。

自分で社長をやる以外に解決策はありません。既存の企業という器を使うのではなく、まっさらな状態からやってみてください。いろんな会社でチャレンジして迷惑かけて無駄な時間を過ごすよりも起業しましょう。

社畜コンサルになるのであれば失敗してもいいからチャレンジしてみよう


とは言え、クライアントから「うちに来ないか?」と言われたら悪い気はしません。

ちょっとは行ってみたいなぁと思ったら、思い切って転職してみてはどうでしょうか。

違ったらいつでも辞められますし、その後、起業しても問題ありません。サラリーマンであればいつだって戻ることは出来ます。そうやって声をかけられるぐらいであれば、フリーのコンサルとして仕事すれば十分食っていけます。

実行フェーズをやりたいというアツい想いを見た目の高い給料で殺されて、社畜コンサルとして今の会社に残留して、社畜パートナーを目指したって生活も仕事も今と変わりませんよ。(パートナーになれるかわからないし)

逆に、いきなり起業する自信が無いからベンチャーで修行するのはおすすめできません。ベンチャーこそオーナー企業であり、自分の思い通りになんて進みません。その上、給料は安いです。そんな危うい環境でチャレンジするなら、You、自分でやっちゃいなよ!

まとめ:実行フェーズをやりたいならまずはチャレンジを


コンサルあるあるの“計画の実行フェーズをやってみたくなる問題”ですが、問題の本質は自分でオーナーシップを持って事業をやってみたいという想いです。

その想いがかなうオファーなのか、起業した方がかなうのかを見極めた上で、判断してください。

私はこの答えに気づくのに10年以上の時間を使ってしまいました。同じように実行フェーズをやってみたい人は、私のように遠回りをせずに、起業なり転職なりのチャレンジを積極的にしてください。

「うちに来ないか?」とオファーが来た時に、”自分がやりたいことは転職と起業とどちらの方がやりやすいか”を考えて選択しましょう。

以上、「【ポストコンサルキャリア】クライアントに「うちに来ないか」と声を掛けられたら」でした。


ちなみに、クライアント先に移籍するにしても別の企業に転職するにしても起業するにしても転職エージェントに会っておくことはしておきましょう。具体的なクライアントからのオファーを持っている状態であれば、転職エージェントが本気で動いてくれます。クライアントのオファーと転職市場での自分の価値をしっかりと比較した上で、納得したキャリアを積み重ねてください。

転職エージェントは、この記事をココまで読まれるような方であれば、ビズリーチCAREERCARVERに登録すれば十分です。

本格的に転職活動する際には、もう少し転職エージェントの数を増やしてみてください。
よいキャリアを!

あわせて読んで欲しい

事業会社に転職する際に評価されることとされないことがあります。事業会社への転職を考える際には、相手が求めていることが何かを理解した上で、転職活動に挑んでください。

コンサルタントを卒業して事業会社に転職する人は多く、4割ぐらいはポストコンサルキャリアで事業会社を選択すると言われています。 そんなコ...

また、ポストコンサルキャリアを考える際に、雇う・雇われるで大きく分岐します。こちらを参考にしてポストコンサルキャリアについて考えてみてください。

ポストコンサルに限らずプロフェッショナルファームで一定年数働いた方の95%以上は転職します。(残りの5%未満はパートナーとして残留を想定...

「激務の心得」トップページ