ビズリーチも教えてくれないポストコンサルキャリアの実態

経営コンサルタントも投資銀行マンもその業界でキャリアを全うする人は超レアです。

もちろん今いる環境でパートナーになるという選択肢もありますが、99%の人はそれ以外の選択肢を選んで生きていきます。

そんな時に頼りになるのが転職エージェントですが、彼らの限界についても理解しておいた方がより納得感のあるキャリアをつかめるでしょう。

今回は、転職エージェントが持っていない視点とそれを知らずに転職を繰り返すキャリア迷子について考えてみましょう。

転職を繰り返すキャリア迷子あるある


コンサルや投資銀行でキャリアをスタートさせた方で、次は投資ファンド、次は事業会社、次はベンチャーみたいに転職を繰り返しちゃう方がいらっしゃいます。

こういった人達に共通しているのは「雇う側」or「雇われる側」が見えていないことです。

本質的には「雇う側」として経営をやりたいのに、ベンチャーや事業会社に良いポジションで転職して「雇う側の一員」(≒経営陣)になったつもりが全然そうじゃなかったと言って転職を繰り返します。

入社の時点で採用面接を受けて雇用契約を結んで入社しているのですから、どんなに立派な経歴であっても、経営側の仕事をしているように見えても「雇われる側」です。

雇われている限り雇う側の意向は伺わなくてはいけませんし、社内政治は絶対におこります。

「雇う側」と「雇われる側」の視点がないとハイスペックキャリア迷子に陥って、時間を無駄にしてしまいます。

投資銀行からコンサルを経て投資ファンドに転職した方がこんなことを言ってました。

コンサルくん
迷子くん

ファンドもそろそろ飽きてきたし、意外と自由にできないから次は事業会社にいってみようかなぁ。

 

ただ、給料とかの条件面は落ちるのがなぁ、、、

 

典型的なキャリア迷子ですね。

この方は本質的には経営をやってみたいのだと思うのですが、そういうポジションと運命の出会いを求めてさまよっているようです。

転職エージェントにないのは「雇う側」の視点


世の中の転職エージェントもこのあたりの感覚はわかっていない方が多いです。

転職エージェントのポストコンサルキャリアのページで起業に関する選択肢がまれに掲載されていますが、その薄っぺらい内容を見るとよくわかります。(転職させてなんぼの商売ですし、エージェント自身が雇わる側しか経験したことがない方が大半なのでしょうがないと言えばしょうがないのですが、、、)

しかし、プロファーム出身者の優秀で仕事が出来る人達の潜在的かつ本質的な悩みはこの部分が多いです。

にも関わらず、とりあえず東大、とりあえず給料が高そうなコンサル・投資銀行で来てしまった人は、この部分が見えていない人が多い気がします。

転職を考えはじめた際に、「コンサルキャリアをテコにして次は事業会社の経営企画かなぁ〜」となんとなく考える前に自分に対して問い詰めて、「雇う側」or「雇われる側」対する答えを出してみてください。

これらを踏まえて転職エージェントを活用しよう

「雇う側・雇われる側」問題を理解した上で転職を考えるのであれば、転職エージェントの持ってくるなんとなく納得がいかない求人が激減します。

己を理解した上であれば、こちらの転職エージェントは立派な働きをしてくれることでしょう。

コンサル・ポストコンサル特化型

コンサルへの転職に限らず、ポストコンサルにも力を入れている転職エージェントと言えば、アクシスコンサルティングではないでしょうか。

コンサルタントの取り扱いに限定するのであれば、もっとも経験豊富でいろんな事例が積み上がっているでしょうし、コンサルタントが臨むような転職先は心得ています。要は話がはやい。

条件を下げたくない人向け

転職に伴って条件面が悪化することがネックになって行動できないコンサルタントの方、朗報です。

年収1000万円に特化している転職エージェントのランスタッドに相談してみてからでも遅くありません。

ランスタッドに相談してから、現状維持以上が望めるのか否かを判断して、理想と現実のギャップを埋めてみましょう。

ビズリーチを追いかける総合型

最後に総合型のリクルートがビズリーチを越えようとガチで取り組んでいるキャリアカーバーです。

両方登録して、キャリアカーバーのガチ度を体感してみるといいかもしれません。

まとめ:「あなたは経営をしたいのか、否か」の問いに答えを出そう

オススメの転職エージェントを提示しておいて言うのもなんですが、それ以前に「あなたは経営をしたいのか、否か」という問いに対して答えをだしてください。

この部分を定めて自分の軸を固めないとキャリア迷子として、理想を追い求めて高給な仕事を転々として少しずつ消耗してしまいます。

残念ながら転職エージェントはこの問いを教えたり、気付かせてはくれません。

その上で、上手に転職エージェントの力を借りてご自身のポストコンサルキャリアを切り開いてください。

以上「ビズリーチの転職エージェントも教えてくれないポストコンサルキャリアの実態」でした。

合わせて読んでほしい

転職エージェントの登録って面倒くさいですよね。面倒くさい以上のメリットがあることについて解説しました。合わせて参考にしてみてください。

コンサルから転職する人の為の転職エージェントの賢い使い方
最終報告やクロージング前の現実逃避で読んでくれている現役コンサルタント、現役投資銀行マンの皆様、こんにちは。 毎日、目の前の仕事を必死でこなしてクライアントの為に一生懸命働いていると思いますが、なんとなくこの仕事は一生続ける仕事じ...

「激務の心得」トップページ

コメント

タイトルとURLをコピーしました