絶対失敗しないポストコンサル転職 完全ガイド

コンサルを卒業して次のキャリアを考え始めている皆さん、こんにちは。

ポストコンサルキャリアについて皆さんが感じているであろう不安や心配事、きっと調べるであろうことについての記事をまとめました。

私を含め多くの先人達の苦労・苦悩をまとめていますので、参考にして、次の行動につなげていただければ幸いです。

ポストコンサル用転職エージェントの使い方

今すぐ転職というわけじゃないけど、「良い求人があれば転職したい」と考えている方、結構いらっしゃいますよね。
そんな人におすすめする転職エージェント、キャリアカーバーの話です。

キャリアカーバーの評判【リクルートのハイキャリア転職】
キャリアカーバー(CAREER CARVER)への登録をお考えの皆さん、こんにちは。 ハイキャリア向けを謳う転職サービスは数多くあれど、どこも甲乙つけがたくお困りの方、たくさんいらっしゃると思います。ビズリーチもあるし、ランスタッドも...

逆にスピーディーに転職先を見つけたい方はビズリーチでしょう。有料サービスですが、短期決戦であれば無料期間中での決着が可能です。

ビズリーチの評判と有料プランの使い方【ハイキャリア転職の雄】
「ビズリーチの名前は知っているけど、実は詳しいこと知らないんだよね」という皆さん、こんにちは。 ハイキャリア、高収入の転職といえば「ビズリーチ」というイメージがなんとなく定着してきましたが、キャリアカーバーもあるし、ランスタッドもある...

そして、条件を落としたくない人は年収1000万円以上の案件に特化しているランスタッドの併用もお考えください。外資系企業案件が豊富です。

ランスタッドの評判【外資系・プロフェッショナルに強い】
転職する際に「条件はあまり落としたくない、むしろ上げたい」とお考えのプロフェッショナルの皆様、こんにちは。 コンサルや金融機関、外資系事業会社といった高給な皆様はdodaやリクルートエージェントといった国内系ミドルレンジをターゲットに...

ポストコンサル転職におけるマインドセット

転職に対する「問い」が明確になっていない状態でなんとなく良い条件の転職を繰り返すキャリア迷子に陥ります。
「問い」を売るコンサルタントだからこそ、自分の転職に対して「問い」を考えてみてください。

ポストコンサル転職の失敗事例「キャリア迷子」の話
コンサルからの転職先として「PEファンド」「事業会社の経営企画室」「ベンチャーCXO」「起業」があたりが候補にあるけど、どれがいいなぁとぼんやり考えている皆さん、こんにちは。 先例に学んでいろんな選択肢を横目に夢を膨らませつつも失敗は...

優秀でスーパーマン的に見られがちなコンサルタントですが、当然苦手なこともあります。
具体的には「BS」「契約」「営業」です。転職前に自覚しておいてください。

外資系コンサルが転職する前に知っておきたい苦手な3つの事
外資系コンサルは凄く優秀でなんでも出来るスーパーマンと誤解している人もいます(このような幻想を作ったマッキンゼーやBCGは立派だなぁ)。 しかし、苦手なことも当然あります。 コンサルから事業会社や投資ファンドに転籍した際...

コンサルは悪くない給料で、そこそこの難易度、知的好奇心、承認欲求を満たしてくれる職業です。慣れてしまえば心地よいと感じる方もいらっしゃるでしょう。

そんなぬるま湯でダラダラぬくぬくと過ごしてしまうとそれはそれでもったいない。そうならないためにも早めに行動してください。私の反省。

コンサルの仕事に飽きたけどダラダラ続けて5年ぐらい無駄にした話
コンサルも投資銀行も基本的には、お客さんに提案して、提案が通ればデリバリーして、終わればまた提案してと言った感じで時間が流れていきます。 最初は、いろんな業界を見ることが出来て知的好奇心を満たしてくれますが、ある程度繰り返すと徐々...

職業・業種別ポストコンサル転職ガイド

ポストコンサルで誰もが一度は考える転職先にPEファンドがあります。
PEファンドの業務とコンサル出身者が感じるギャップとPEファンドに求められる人物像を私の経験を元にまとめました。

コンサルからPEファンドに転職したい人に知っておいてほしい話
コンサル・投資銀行からの王道転職の一つにPEファンドという選択肢があります。 著名なコンサルファームにいらっしゃる方は、一度は脳裏によぎったことがあるでしょう。 PEファンドもコンサルもアップorアウトのカルチャーが強く、サ...

PEファンドと並んでポストコンサル転職の王道が事業会社の経営企画室です。経営企画室という名の総務部(なんでも屋)になって「あれ?何か違う」と後になって違和感に気付く前に陥りがちな罠について知っておきましょう。

コンサルから経営企画へ転職した人がぶつかる事業会社のリアル
コンサル卒業後の王道キャリアの1つに事業会社の経営企画へ転職することがあげられます。 「コンサルみたいなエクストリームスポーツはもうキツイ。これまでのスキルを活かしつつ、もう少し緩く働けるところはないかなぁ」と考えるのは皆さん一緒...

コンサルの経験を積んでいくと一度は、クライアントから「うちの会社で一緒に働かない?」と声を掛けられることがあるでしょう。
そんなクライアント企業への転職での失敗あるあるについてまとめましたので、ご検討の方は参考にしてみてください。

【コンサルから取引先に転職】クライアントから「うちに来ないか」と声を掛けられたら
コンサルタントをある程度やっているとクライアントから「うちに来ない?」と誘われることがあるでしょう。 その誘いを受けて転職した後に、「良好な関係を維持して長期間にわたって在籍する人」と「短期間で転職してしまう人」と大きく分かれます...

転職だけがポストコンサルキャリアではありません。起業だって選択肢の一つです。コンサルタントとして独立するとどんな報酬体系になるか、仕事は取れるのかといったことについて書いています。ある程度キャリアを積んだコンサルタントはこの選択肢を持っていることが最高の強みです。

会社辞めて個人のコンサルタントとして独立する方法と年収実態
コンサルタントとしてある程度キャリアを積むと選択肢としてコンサルタントとして独立するという選択肢が得られます。 搾取の構造にうんざりして独立する人も入れば、何か他にやりたいことがあるけどキャッシュフローの為にコンサルタントとして働...

ベンチャー企業のCFOというと金融機関出身者や公認会計士といった金融畑のバックグラウンドがなるイメージが強いでしょう。しかし、CFOに求められる業務内容的には実はコンサル出身者の方が向いていたりします。激務を乗り越えてきたコンサルの皆さんであれば、活躍できます。CFOというポジションについても考えてみてください。

コンサル経験者がベンチャーCFOに向いている理由【ポストコンサルキャリア】
コンサルを辞めたあとはベンチャー企業とか面白そうだなと考えている皆様、こんにちは。 taikiです。 コンサル出身者がベンチャー企業に転職するとCOO(cheif operating officer、最高執行責任者)ポジションを思い...

コンサルから企業経営に携わりたいと考えて、ベンチャー企業の重役として転職する方もいらっしゃいます。どんなに役職が高くても創業者以外は雇われの身であることに気付くでしょう。転職する前に理解していた方が転職後もスムーズです。

「コンサル・投資銀行の仕事や条件に不満はないけど、ベンチャーに転職して経営幹部として働いてみたい」の罠
コンサルやファンドって一生働くような環境でもないし、大きな不満はないけど将来は漠然とベンチャー企業で働いてみたいと思っている方は、意外と多いと思います。 残念ながらそんなに思い通りには行きません。 いつかはわからないけど、ベ...

転職後に役に立つスキル

大企業のような組織では、正論や真っ当な話では突破できない局面があります。
組織の中で生きていくのであれば、ダークサイドスキルについて理解して(できれば習得も)おきましょう。

コンサルから事業会社に転職する人必見!ダークサイドスキルで社内政治を攻略せよ
コンサルや投資銀行や投資ファンドといったプロフェッショナルファームでの激務な日々に疲れてしまった30代の出来るビジネスパーソン。 とにかく優秀で全社を俯瞰的に見ることが出来る即戦力な人材が欲しい事業会社の経営企画。 この2つ...

ポストコンサル転職用面接対策

コンサル出身者に事業会社が求めることは専門性ではありません。コンサルで深めた専門性を面接でアピールするとミスマッチが起こりやすいので気をつけましょう。

コンサル出身者が事業会社に転職する際に評価されないけど主張しがちなこと
コンサルタントを卒業して事業会社に転職する人は多く、4割ぐらいはポストコンサルキャリアで事業会社を選択すると言われています。 そんなコンサル出身者が事業会社に転職する際に陥りがちな罠が、キャリアに対する認識です。 もちろん、コン...

「激務の心得」トップページに戻る

タイトルとURLをコピーしました